総量規制と年収

カードローン審査において、知っておきたいのが総量規制です。

カードローンには「最高500万円」などそのカードローンで借りることのできる最高額が表示されていますが、誰しもが申し込めばその額を借りられるというわけではありません。

もちろん、審査があるから、ということもありますが、自身の年収によって借りられる額には法的に限りがあるのです。

総量規制とは

2010年に完全施行された改正貸金業法により導入されたのが総量規制です。

総量規制では、個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限される、と定められています。どんなに最高限度額が高いカードローンであっても、自分の年収の3分の1を超えては借りることができないということです。

ただしこれは、貸金業者の場合です。貸金業者にあたるのは、次のような業者になります。

  • 消費者金融
  • クレジットカード会社
  • 信販会社

 など

なお、総量規制では、自社からの借入が50万円を超える場合、または複数社合わせて100万円を超えるような借入の場合には、収入証明書の提出が必要になります。即日融資を希望するという場合には収入証明書はすぐに用意するのが難しい方も多いので注意してください。

銀行カードローンは総量規制対象外?

では銀行カードローンは?といいますと、銀行カードローンでお金を出して融資をしているのは当たり前ですが銀行です。そのため、銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

ですから自分の年収の3分の1を超えるような借入をする場合には、まず銀行カードローンを選ぶことが必要なのです。

クレジットカードのショッピングは総量規制の対象?

クレジットカード会社も貸金業者となりますが、そうなりますと気になるのがクレジットカードでのお買い物ですよね。

これも総量規制の影響を受けるのか?といいますと、こちらはキャッシング枠の利用の場合にはやはり総量規制の規制下となりますが、ショッピング利用の場合には別の法律の適用下になります。

例外と除外

ただし総量規制にも例外と除外となる借入があります。除外にあたるのは自動車ローンや住宅ローンなどで、こちらは総量規制の対象になりません

一方例外はといいますと、こちらは借り換え・おまとめローンや緊急の医療費、などで、総量規制の対象にはなるものの、返済能力を判断した上で例外的に貸付けが可能になります。